おやじの生態

現役役員運転手のヨシボウです。日々の生活で感じた事、仕事の事、子供の事を綴っていきたいです。

なんだかな〜(^-^;と思った記事

お疲れ様です。ヨシボウです。

ここ数年の天気は激しすぎると思います。雨が降るのは「恵の雨」というように、人間が生きていく上で必要不可欠なものですが、激しく降りすぎです。

自然相手な事なので、どうにも出来ませんが。。。いつ災害が起きるかわかりませんので、備えはしておきましょう。

となる記事を読んで、なんだかな〜と思ったこと

この記事に関して、批判するつもりもありません。個人が思うことは自由ですから。しかし運転手として仕事をしている身からすると、首をかしげる内容でした。

 

車を運転することが出来るという事は、免許を取得していることになります。運転免許は国家資格です。身分証明ではありません。

 

なんで社会が許すのか?とタイトルにあったのですが、車を運転する技術があると認めたからでないでしょうか?操作が難しいとか運転が難しいというのであれば、早い段階で免許を返納することです。

「シフトレバーも意味がわからない・・・」とありますが、そもそも解らないのであれば購入した店に聞く、レンタカーを借りたのであればそこで聞くのが普通ではないでしょうか?調べたり、聞いたりすることなく「意味わからない」と発言する「意味がわからない」です。

 

何て言うのでしょうか?すべて他人任せな感じです。自動運転になった方が事故は減るのかもしれません。それでもこの世の中の乗り物のほとんどは、未だに人が運転に携わっている。自動運転も将来的にはありえるでしょう。しかし、現在においては車は人が運転するものです。他人任せではなく、自分自身がしっかりと技術を身につけるべきではないでしょうか?コメント欄読んでいても、なんか・・・他人任せ(^-^;

まとめ

いままで僕は、車の運転はドライバー同士の信頼関係に基ずいていると思ってきました。お互いを信頼することです。

このような記事を読みコメントを見ていると、そうでもないことに気がつかされました。普段から車に乗っていると、ましてや職業ドライバーであると、当たり前でしょ!ということが当たり前じゃないこともあるんです。人それぞれなんです。

なかなか考えさせられた記事でした。

 

本日もありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。