おやじの生態

現役役員運転手のヨシボウです。日々の生活で感じた事、仕事の事、子供の事を綴っていきたいです。

なんだかな〜(^-^;と思った記事

お疲れ様です。ヨシボウです。

ここ数年の天気は激しすぎると思います。雨が降るのは「恵の雨」というように、人間が生きていく上で必要不可欠なものですが、激しく降りすぎです。

自然相手な事なので、どうにも出来ませんが。。。いつ災害が起きるかわかりませんので、備えはしておきましょう。

となる記事を読んで、なんだかな〜と思ったこと

この記事に関して、批判するつもりもありません。個人が思うことは自由ですから。しかし運転手として仕事をしている身からすると、首をかしげる内容でした。

 

車を運転することが出来るという事は、免許を取得していることになります。運転免許は国家資格です。身分証明ではありません。

 

なんで社会が許すのか?とタイトルにあったのですが、車を運転する技術があると認めたからでないでしょうか?操作が難しいとか運転が難しいというのであれば、早い段階で免許を返納することです。

「シフトレバーも意味がわからない・・・」とありますが、そもそも解らないのであれば購入した店に聞く、レンタカーを借りたのであればそこで聞くのが普通ではないでしょうか?調べたり、聞いたりすることなく「意味わからない」と発言する「意味がわからない」です。

 

何て言うのでしょうか?すべて他人任せな感じです。自動運転になった方が事故は減るのかもしれません。それでもこの世の中の乗り物のほとんどは、未だに人が運転に携わっている。自動運転も将来的にはありえるでしょう。しかし、現在においては車は人が運転するものです。他人任せではなく、自分自身がしっかりと技術を身につけるべきではないでしょうか?コメント欄読んでいても、なんか・・・他人任せ(^-^;

まとめ

いままで僕は、車の運転はドライバー同士の信頼関係に基ずいていると思ってきました。お互いを信頼することです。

このような記事を読みコメントを見ていると、そうでもないことに気がつかされました。普段から車に乗っていると、ましてや職業ドライバーであると、当たり前でしょ!ということが当たり前じゃないこともあるんです。人それぞれなんです。

なかなか考えさせられた記事でした。

 

本日もありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

 

あまり大きな声で言わないほうがいいのでは?

お疲れ様です。ヨシボウです。

夏間近になってきました。昼間は太陽のしたにいると暑いです。ただ、朝晩との温度差が激しいので、体調管理が大変です。気をつけて参りましょう!

他人の前で法律を語るなら、自分の行動を振り返ろ!

今日は朝早くに社長を送って仕事は終了でした。多くの方が寝ている時間に仕事を始め、多くの方が出勤する時間には仕事は終わっていました。出張時はこんな感じです。

 

仕事が終わったからといって、家に帰れるわけではありません。定時まで会社で過ごします。明日以降のスケジュールを確認したり、次回行く場所迄のルートを確認したりして過ごします。

 

そんな中ある会話が聞こえてきました。その方のお子様が都心部に住んでいるので、そこへ行って来たときの会話でした。

なにやら、都心部での車のマナーの悪さにご立腹な感じです。話が聞こえてしまうので聞いていましたが、僕からすれば普通の事であり、ただ単に慣れの問題であると思うような内容でした。

 

確かに都会の車のマナーは良くはないと思いますが、今この街の車のマナーが良いかと言えば、他地域から来た人には「マナー悪いな!」と思われるでしょう。

 

そんなことを思っているときにその方が大きな声で言っていたのは・・・

『・・・あんなもん、道路交通法違反なんだから取り締まればいいんだよ!ナンバーと運転手を撮影して後日取り締まればいいんじゃないのか!・・・』

こんな発言をしていました。個人的に、僕もそう思うこともあります。しかし、自分の運転が道路交通法に違反していないと言えないので思うだけです。他人を巻き込んで話はしません。人のことは言えませんから。

その方・・・僕は知っています。道路交通法違反してますよ!同じようにナンバーと写真を撮ってあげましょうか?(笑)【道路交通法第17条2】の違反です!(笑)

 

法律を語るなら、自分の行動を振り返った方がいいとおもいます。ブーメランが返ってきますよ!僕はそう思います。

誰が聞いているかはわかりませんし、それが法律的に違反しているのかどうかは、専門家では無いので安易に言葉にはしないほうが良いと思います。そう思うのは、僕だけでしょうか?

 

いろんな土地を走っていて思うことは、その土地毎に走り方が違うということです。事故を起こさないようにするには、それに慣れるしかないと思います。マナーが悪いと思うのは、それは自分からみたものであり相手からすればその逆もありえるのです。

それが出来ないのであれば、公共交通機関を使ったほうがいいと思います。事故を起こす基です。

 

事故の無いように、安全運転をこころがけていきましょう。

 

本日もご訪問ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

役員運転手という仕事 第三章

お疲れ様です。ヨシボウです。

夏の足音が近づいている。そう感じる今日この頃です。

求人の中身を確認

『役員運転手』の求人を検索していると『ハイヤー』という言葉でヒットすることもあります。役員運転手には違いがないとは思いますが、求めている仕事内容なのかどうかをきちんと確認した方が良いです。

 

では、ハイヤーとはなんでしょうか?

ja.wikipedia.org

 

 上記の中にも書いてありますが、実はハイヤーを定義する条文は特に存在してはおらず、タクシーの一種として位置づけられているのです。ここが要注意する点です。『タクシー』なんです。ということは、もちろん第二種免許が必要です。

「役員運転手=ハイヤー」という考えではいけないということです。純粋に役員運転手をするだけなら、第二種免許は不要です。

 

ポイントとしては会社説明会等でしっかりと業務内容を確認することです。出来れば、デビューまでの流れがどんな感じなのかを確認した方が良いと思います。

 

ハイヤーとして運転手をする事でも構わないと考えている方も、デビューまでの流れは確認してください。入社時からハイヤーとして雇用なのかそうでないのかという事です。
良く有るのは、経験を積むためにタクシー乗務を経験してからハイヤーに所属するという流れです。

会社側からすれば至極当然です。素人を役員運転手として派遣するリスクを回避するためです。

ハイヤーになるために試験があるのか?タクシー乗務をするにしてもどれぐらいの期間を要するのか?等は聞いておいて損はないです。

プロパーか業務請負会社か?

役員運転手としての求人は、プロパーか業務請負会社かの二つになります。
プロパー とはその企業への直接雇用です。業務請負会社は派遣に似た雇用形態で、その会社の社員として採用され、役員運転手を求めている企業へ配属される流れです。
もちろん研修等はあります。最低必要な知識・マナーはちゃんと研修があるので、初めての方でも安心です。

プロパーの求人は、数は少ないと思います。入れ替わりはそんなに多くない業種ですから。とはいえ、需要は結構あるものです。業務請負会社で僕は仕事していますが、供給がおいついていないのが現状です。

まとめ

役員運転手でも『ハイヤー』『プロパー』『業務請負』を種類があります。どの形態で就職するかは、しっかりと考えてください。あとで後悔はしたくないですから。
双方にとってもデメリットにしかなりません。ご検討を祈ります。

 

 

本日もありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

パソコンが遅かったのでSSDに換装してみた

今週のお題「母の日」

お疲れ様です。ヨシボウです。

PCの動きが悪く、イライラMAX

数年前に中古で購入したパソコンの動きがあまりにも遅くてイライラしていたので、HDDをSSDにしてみました。
パソコンを立ち上げるとディスク仕様率が100%になっており、おさまる気配もありませんでした。
ネットでいろいろ検索して、対処をしていましたが効果がなかったのでノートPCを新調しようか迷っていましたが、そこまで金銭的に余裕がなかったので、ひとまずSSDに換装して様子を見ることにしました。

ここまで違うのか!驚きの速さ

SSDに換装した記事はよく読んでいました。激変する感じを受けていましたが、実際にやってみると・・・すごい!の一言です。
HDDには戻れません。

 

f:id:yoshibowbow:20190510192945j:plain
f:id:yoshibowbow:20190510192859j:plain



上記の物を購入して5000円以内なので、悪くはないです。
これでストレスなくPCが使えるようになりました。

 

本日もありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。




 

 

 

大津市の痛ましい事故

今週のお題「母の日」

お疲れ様です。ヨシボウです。

10連休も終わり、いつもの日常が戻ってきたようにも思います。
令和元年、「良い時代になれば」と願っていましたが、そうはいかないものですね。

痛ましい事故・・・

滋賀県大津市で痛ましい事故が起こりました。
お散歩途中の園児の列に車が突っ込む・・・いたたまれないです。
容疑者の供述も・・・「まじか…」と思いました。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

「前をよくみていなかった」・・・呆れてものも言えません。
交通事故の記事を見ているとよく目にする言葉ですが、僕からすると一体何なんだ!と怒りが込み上げます。

交差点です。事故が起こりやすい場所であることはわかっているはずです。自動車教習所でも、免許の更新時でも、今までの経験からでも危険なことは承知しているはずです。それなのに「前をよく見ていなかった」と・・・。

あまりにも車を運転しているという自覚がなさすぎます。
車は快適な乗り物である反面、凶器にもなりえます。そういった事故のニュースを今まで何度となく観てきてはいませんか?他人事のように観てきたのでしょう。

直進していた車の方も右折車を注視していれば、結果が違っていたかもしれません。「たられば」の話をしてもしかたがないですが・・・。

見通しが良い交差点だから「大丈夫!」なのではありません。逆に考えてほしいです。
見通しが良いからこそ、注意する意識を高めてもらいたいです。
参考になる記事があります。

 

qa.jaf.or.jp

 

明日は我が身です。運転するときは意識を高めてください。人は意外と見えているものが見えていないものです。
事故は「0」には出来ないと思いますが、一人一人の意識を高めれば、減らすことはできるはずです。僕はそう思います。

亡くなられた方にご冥福をお祈りいたします。

 

本日もありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。

 

渋滞中に事故をする

お疲れ様です。ヨシボウです。

そろそろ連休も最終日に近づいてきました。

10連休かぁ・・・と思っていても、いざ振り返るといがいに早く終わってしまうものですね(笑)

渋滞が発生すると必ず事故がある

f:id:yoshibowbow:20190510193504j:plain



土日祝日に渋滞になることはありますが、連休中の渋滞はひどいものが有るように思います。

普段から渋滞が発生するところを含めて、それ以外の所まで渋滞が出来、普段以上の渋滞になります。

 

渋滞になってしまうのは仕方がないと思いますし、こちらもその覚悟で高速に乗りますので許せます。

しかし許せない渋滞があります。事故渋滞です。

なんらかの要因で事故をしてしまうのは仕方がないことだと思います。ただ、渋滞の中で事故を起こす人は、なんなんでしょうか?

低速で走行していて前の車に追突・・・。ありえないと思いますし、そうゆう人は車を乗る資格ははっきりと申し上げて、無いです!注意力散漫過ぎます。

 

渋滞中にとなりの車の動きを見ることがありますが、前の車が離れていっているのに気付かず、気づいたらアクセル踏み込んでいきよい良く車間を詰めて、強めのブレーキをされる方をよく見ます。

おそらくそういう方が渋滞の中での事故を起こすのだと思います。

運転が下手とかいう以前の問題だと思います。下手な方は必要以上に車間距離を空けて、後ろの車がイライラするぐらい超低速で進みます。しかし、事故は起きません。そういう意味で「下手以前の問題」なのです。

 

車を運転できるという事は、運転免許証を持っているということです。運転免許は国家資格です。身分証明書では無いのです。「前の車に追突しちゃった~」なんて簡単には思わないで欲しいいです。

 

本業の運転手の仕事の時も、事故渋滞だけは勘弁願いたいです。時間を読むことが出来ないのです。常に交通情報は見ていますが、走行中は取得できません。

送迎中に事故が発生すると、ホント・・・嫌な汗をかきますから。

 

事故の無いように安全運転は当たり前のことです。更に防衛運転を心掛けて、楽しく出かけたいものです。

 

本日もありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

平成から令和へ

お疲れ様ですヨシボウです。

10連休を世間の皆様は楽しんでおられるのでしょうか?
僕は副業もしているので、10連休は副業で10連勤です(笑)
連休前は本業が13連勤だったので、いつ休みを取ったのか覚えていません。

平成から令和へ

いつの間にか平成から令和になっていました。夜間の飲食業で副業をしているので、時間の経過がわからなかったです。仕事が終わってから、「あっ!」と気づきました。

朝から昼過ぎまでは寝ているので、テレビを見ることもなく生活していました。
久しぶりにテレビを見ましたが、どこも「令和」ばかりでした。

令和・・・平和であるといいです。誰もが平和であることが幸せだと思います。そんな時代になるように願いを込めます。

 

令和フィーバーもいいけど・・・

いつの頃からか「○○カウントダウン」的なことが様々な場所で行われるようになり、渋谷では事あるごとに大勢の人が集まって、その瞬間を楽しんでいます。
批判するわけではありませんが、節度を持って行動できないものなのでしょうか?集団心理なのでしょうか?やりたい放題、お構いなしのように思います。

今回の令和カウントダウンも例外ではありません。
一夜明けた渋谷はごみの山だったそうです。結局、地元の住民やボランティアの方々が掃除をするありさま・・・。
一体、何がしたいんでしょうか?僕には理解が出来ません。人様に迷惑をかけてまで、自分だけが楽しければいい!的な発想が出来ないものですから。

 

楽しむことやお祝いをすることは良いと思います。しかし、自分だけ!というような考えは改めるべきです。

良い時代になることを願いたいです。

 

本日もありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。